Raspberry-Pi 3 の電源ランプを点滅させる

スポンサードリンク

Raspberry Piの基板上にはLEDが2つあります。

緑色のACT LEDはデフォルトではSDカードへのアクセス時に点滅します。

赤色のPWR LEDは、電源供給USBが刺さっていれば常に点灯します。したがって、電源が入っている(OSが起動している)か、入っていないかが、そのままの状態では判断できません。このままだと、Raspberry PiのOSが起動しているのにそのまま電源を抜いちゃうようなことも起こりえます。

その解決策として、LEDランプの挙動を変更するという方法があります。今回は、PWRランプを常時点灯→点滅に変更してみます。

TeratermとかでSSHでラズパイに接続するか、ラズパイ本体からコマンドターミナルを開いてください。

そして次のコマンドを入力します。

sudo vi /boot/config.txt

/boot/config.txtを開いているわけです。このファイルは、ラズベリーパイの挙動の設定などが書かれている設定ファイルです。

次のものを追記します。

# turn power LED into heartbeat
dtparam=pwr_led_trigger=heartbeat
#

ファイルを上書き保存して、ラズベリーパイを再起動します。

pwr_led_triggerというパラメータをheartbeatに変更することを意味しています。

heartbeat」は、心臓の鼓動を意味します。鼓動みたいに点滅するって意味ですね。

上記の設定をする事で、赤色のLEDの動作がハートビート動作になり1秒程度の一定間隔で点滅動作をする様になります。Raspberry PiのCPUの動作が停止するとハートビート動作も停止するので、赤色のLEDは点灯したままとなります。これによってCPUの動作の停止(すなわち電源OFF)を確認出来るので、安心して、コンセントからの給電止めることが出来ます。

ちなみに、赤色LEDを常に消灯させておくこともできます。眩しいときや、LEDの微小な電力消費さえも抑えたいときに使えそうです。その時は以下のように入力してください。

# turn power LED off
dtparam=pwr_led_trigger=none
#

さらに、緑色のLEDの挙動も、同じように変更できます。上の「pwr_led_trigger」を、「act_led_trigger」に書き換えると、緑色の方のLEDが制御できます。

赤色緑色どっちも消灯させたり、どっちも点滅させたりができますね。

スポンサードリンク

参考サイト

www.neko.ne.jp/~freewing/raspberry_pi/raspberry_pi_3_power_led/
softsolder.com/2016/03/29/raspberry-pi-power-heartbeat-led/
qiita.com/spicemanjp/items/fbe812de4f2b6b3ebbb6

コメント