アクティブタイム セグメントをマウスで動かす

スポンサードリンク

3ds maxで、時間を操るバーのことを、アクティブタイムセグメントとと言います。

これのことです。

これの長さを変更しようと思うと、右下にあるアイコン群の中から、

ToolButton

時計アイコンが付いているようなのをクリックして、

時間設定画面の、開始/終了時間を変えなければなりません。

しかし、キーボードとマウスで視覚的に変更する方法もあるようです。

Ctrl+Alt+マウス右ボタンドラッグで時間の終点を変更
Ctrl+Alt+マウス左ボタンドラッグで時間の始点を変更
Ctrl+Alt+マウス中ボタンドラッグで表示範囲を移動

で、視覚的にタイムスライダの範囲を動かすことができます。

スポンサードリンク

参考になったサイト

[3dsMax]アクティブタイム セグメントの操作
アクティブタイム セグメントとは、タイムスライダーで移動出来る時間の範囲。 時間設定ダイアログを開かなくても、 アクティブタイム セグメントの範囲を変更する事が出来る。 以下の操作を、トラックバー上で行う事で操作可能。 Ctrl + Alt + マウス右ボタンドラッグ : 時間の終点を変更 Ctrl + Alt ...
アニメーション コントロールおよびタイム コントロール | 3ds Max 2016 | Autodesk Knowledge Network
メイン アニメーション コントロールは、プログラム ウィンドウの下部のステータス バーとビューポート ナビゲーション コントロールの間にあり、これに沿ってビューポート内でのアニメーション再生用のタイム コントロールがあります。 この他にも重要なアニメーション コントロールが 2 つあります。メイン アクション コントロ...

コメント