CGBeginner

映画好きの個人CGクリエイターが試行錯誤した記録

フォローボタン

スターウォーズ風オープニングクロール

 

SW_Crawl_4K_01013

SW_Crawl_4K_02031

スター・ウォーズのオープニングクロール風動画を作りました。4K解像度で制作していますので、レンダリングには無駄に時間がかかります。

はっきり言ってこの手の映像は溢れているのですが、動画製作者なら誰しも真似したいものなので、あえて挑戦しました。

今回は、EP7のクロールをベースにしています。エピソードごとに微妙な差異(特に、エピソードタイトルのフォント)があったりするのと、EP7のタイトルは、VideoCopilot社のAndrew Kramer氏が制作していること、制作にAfter Effectsが使われていることから、EP7バージョンを真似しています。音楽は著作権的に使えないのでそれっぽいフリー音楽に差し替えています。

星空は、フラクタルノイズを加工して作り上げました。完全にイチから生成しているので、星空のパターンも変えられます。(以前の記事

テキストは、長細いコンポジションを作って、そこに書いています。

text

これを3D空間上に配置して、CGカメラを置き、テキストの位置を少しづつずらしていって、あの映像を作ります。

Andrewさんの話(以下動画)を参考に、

レンズ歪みの効果と、色収差の効果を加えています。これによって、フルデジタルのパキッとした画から、レンズで実際に撮影したようなリアリズムを足すことができます。

 

ca

拡大するとわかりますが、星や文字の縁が滲んでいるのがわかります。

あとは、星空を微妙に動かしたりして生々しさを出して完成です。

 

ae

実際の作業画面はこちら。

 

スポンサードリンク

-After Effects, 作品